社会福祉士・ソーシャルワーカーの平均年収

社会福祉士・ソーシャルワーカーの平均年収に興味がある方のための基礎知識

平均年収

平均年収:年代別によって違いますが
20歳代の社会福祉士の年収200万円以上400万円未満
30歳代の社会福祉士の年収400万円以上600万円未満
40歳代の社会福祉士の年収400万円以上600万円

平均月収

20~30万

ボーナス等

資格手当てや夜勤手当などがつきます。
地域の平均で言うと時給で関東では平均1050円程度、関西では平均940円、東海では平均1030円程度です。

職務内容

社会福祉士とは、福祉分野における国家資格として、1987年制定の「社会福祉士及び介護福 祉士法」で誕生した社会福祉の専門家である。
社会福祉について専門的な知識や技術をもつ福祉のスペシャリストであり、身体の病気や障害、精神障害、高齢または経済的理由などによって幸福な社会生活を送ることが難しくなった人々に対し、相談や助言、指導、援助などの適切な福祉サービスを提供するのが社会福祉士の役割である。

平均年収が高い仕事内容

年齢があがればそれなりに給料もよくなります。
400~600万ぐらい年収がもらえるようになります。

スポンサーリンク

雇用状況

児童相談所、養護施設、知的障害児施設、身体障害者更生施設、身体障害者擁護施設等その他色々と働く場所があります。
職には困らないといわれている職種でもあります。

利点

一番の利点は、資格をとれば職が全国どこにでもある状態です。
それに伴い最近では高齢化社会となり需要はますます増えていくでしょう。

社会福祉士・ソーシャルワーカーの仕事に就くには?

社会福祉士国家試験に合格し、登録することにより資格が得られる。
実務経験を5年つんだあとに試験をうけたり専門学校や短大にいって履修したあとに試験をうけたり。
試験を受ける前に、実務や学校にて資格取得のための単位や履修が必要になります。
資格をとるには専門スクールにいくのもひとつの手です。
専門学校にいくのが一番早い近道になりそうです。

スポンサーリンク

▲このページのトップへ戻る