スポンサーリンク

webデザイナーの平均年収

webデザイナーの平均年収に興味がある方のための基礎知識

webデザイナーの平均年収

webデザイナーの年収
平均年収:350万円でした。(口コミ調べ)
平均給料:30万円~40万円

webデザイナーの平均年収の範囲はおよそ300~400万円
最大年収:約540万円

webデザイナーの業種別年収【在宅フリーランス・独立】

webデザイナーは様々な業種でも活躍します。そこでいくつかの業種でどのくらい年収が違うのか調査してみました。

Web制作会社:380万円~
デザイン会社:350万円~
広告代理店:450万円~
人材派遣会社:440万円~
在宅フリーランス:年収250万円~
独立:年収450万円~


Webデザイナーの主な就職先と活躍する場はWeb制作会社や広告代理店ですが、大手のWeb制作会社や広告代理店であれば新卒採用を行っているところもありますが、中小の会社であればすぐに活躍できるWebデザイナーを求めているのが普通です。
WebディレクターやWebプロデューサーに比べると、Webデザイナーの平均年収は350万円と少し低いようで、大手企業と中小企業のWebデザイナーの年収には300万円〜400万円くらいの幅があるようです。
また在宅フリーランスや独立フリーになると年収は営業次第ですが在宅ワークで考えるのであれば年収は250万円ぐらいのスタートを覚悟したほうがいいかもしれません。

webデザイナーの男性女性別平均年収

※厚生労働省の賃金統計基本調査で算出された男女比率から独自に全年齢の平均年収を算出しました。

性別 平均年収 平均月額給与
男性の平均年収 406.0万円 25.4万円
女性の平均年収 290.5万円 18.2万円

webデザイナーの年齢別年収推移と給与ボーナス推移

各年齢を5歳刻みで年齢による年収や月額給与・ボーナスを算出してみました。

年齢 年収 月額給与 ボーナス
20~24歳 199.5万円 12.5万円 49.9万円
25~29歳 248.5万円 15.5万円 62.1万円
30~34歳 273.0万円 17.1万円 68.3万円
35~39歳 311.5万円 19.5万円 77.9万円
40~44歳 350.0万円 21.9万円 87.5万円
45~49歳 392.0万円 24.5万円 98.0万円
50~54歳 420.0万円 26.3万円 105.0万円
55~59歳 416.5万円 26.0万円 104.1万円
60~65歳 283.5万円 17.7万円 70.9万円

平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。

webデザイナーの30代・40代・50代の年代別年収

webデザイナーの年代別年収は、年齢別年収推移より
30代の年収が約273.0万円~(推定)
40代で350.0万円~(推定)
50代で420.0万円~(推定)
30代~50代までの年収増加は約147.0万円以上となっています。

webデザイナーの都道府県別(東京大阪名古屋福岡等)平均年収

厚労省が出した都道府県の平均給与比率から各都道府県のwebデザイナーの平均年収を算出しました

都道府県 平均年収
北海道 315.0万円
青森 280.0万円
岩手 315.0万円
宮城 350.0万円
秋田 280.0万円
山形 315.0万円
福島 315.0万円
茨城 350.0万円
栃木 350.0万円
群馬 350.0万円
埼玉 315.0万円
千葉 350.0万円
東京 490.0万円
神奈川 385.0万円
新潟 315.0万円
富山 315.0万円
石川 350.0万円
福井 350.0万円
山梨 315.0万円
長野 350.0万円
岐阜 315.0万円
静岡 350.0万円
愛知 385.0万円
三重 350.0万円
滋賀 350.0万円
京都 350.0万円
大阪 420.0万円
兵庫 350.0万円
奈良 350.0万円
和歌山 315.0万円
鳥取 315.0万円
島根 315.0万円
岡山 350.0万円
広島 350.0万円
山口 350.0万円
徳島 350.0万円
香川 315.0万円
愛媛 315.0万円
高知 315.0万円
福岡 350.0万円
佐賀 280.0万円
長崎 315.0万円
熊本 315.0万円
大分 315.0万円
宮崎 280.0万円
鹿児島 315.0万円
沖縄 280.0万円

平均年収と国税庁の都道府県別年収との比率で独自で算出した結果になっております。

webデザイナーの大企業・中企業・小企業それぞれの年収・給与・ボーナス推移

大企業・中企業・小企業で働くwebデザイナーの年収の差を厚生労働省の企業規模比率と掛け合わせ算出してみました。

企業規模 平均年収 平均月額給与
大企業のwebデザイナー 406.0万円 25.4万円
中企業のwebデザイナー 336.0万円 21.0万円
小企業のwebデザイナー 304.5万円 19.0万円

厚生労働省の企業規模比率から独自で予測算出をした結果が上記となります。

webデザイナーの推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説!

上記の平均から算出してみたところ推定15,050万円となりそうです。
日本の平均生涯賃金が17,845万円なので、平均生涯賃金からの増減は-2,795万円です。

webデザイナーで年収1000万円以上稼ぐには?

WebデザイナーのキャリアパスとしてはデザイナーからWebディレクターやWebプロデューサーになることも珍しくなく、WebディレクターやWebプロデューサーになると年収も少しアップする可能性がありますが、もし本当に年収1000万円以上を稼ぐのであれば独立して、フリーランスのWebデザイナーとして活躍するほうがより可能性があります。
商品価値があるようなデザインを作成することができるWebデザイナーであれば、独立してフリーランスとしてスタートしても十分に年収1000万円以上を稼ぐことは可能でしょう。そのためにはどこかのWeb制作会社や広告代理店で働き実力を付けるだけでなく、在職中に人脈を構築しておくことも大切なことです。
ただフリーランスのWebデザイナーになると自分で営業活動をする必要があり、もし仕事の依頼がなければ会社とは違い決まった収入も保証されていません。
その代わり本当に実力があるWebデザイナーであれば仕事の単価も高めに設定できるので年収1000万円以上を稼ぐこと夢ではありません。

仕事内容

WEBデザイナーの主な仕事は、その名のとおり、サイトのデザインを生み出すことです。
デザインが苦手ならデザインをしなくてもいいコーダーになりましょう。
といっても最近では コーダーとデザイン両方できる人材を募集していることが多いです。
他にもPHPの知識があれば職に困ることはあまりありません。
WEBデザイナーは、WEBディレクターが企画したサイト設計書に基づいて、デザイン部分を担当します WEBデザイナーの力が試される重要な部分です。
この設計部分は他の職種にはまかせられません、デザイナーにしかできない責任ある仕事です。
HTMLや「Illustrator」、「Photoshop」「Flash」「Fireworks」、グラフィックデザインに特化するならデッサンなどの技術を磨くことが必要だ。

平均年収が高い仕事内容

独立した独立デザイナーは、営業から納品まで全て一人で責任を負うリスクがあります。
また、毎月の営業に追われて気力・体力が減りやすい現状があります。
相当なデザイン力と技術力が無い限り、会社員以上の年収は得られにくい欠点がありますが、 コネとそれ相応の実力さえあれば稼げる事も。
一歩間違うと正社員より悲惨な生活になりえます。
会社を構える勢いでないと高年齢になった際には収入を確保できませんので要注意です。
なのでフリーで動くよりも、制作会社を経営したりするほうが平均年収が高いそうです。

雇用状況

流れが激しいIT関係の仕事のために、雇用は常にあります。
自分の製作したサイトやデザインが沢山あり、スキルもあればあるほど、採用される確率が高いです。

利点

将来的にいろいろな方向へ自分のビジネスをもっていくことができます。
ディレクターになったり、プロデューサーになったり、マーケティングを担当してみたり。
デザイナーから色々な方向へも展開できるのがウエブ系のいいところですね。

webデザイナーの仕事に就くには?

資格は特にありませんが、ウエブデザイナー検定という資格もあります。
持っていてもたいしたかわりません。
初心者の方は、とにかく勉強あるのみ。
webデザイナーフォトショップ、ドリームウィーバー、フラッシュ、このあたりの知識をみにつけておくといいかもしれません。
夜間だけの資格スクール等もありますのでそういう場所で鍛えるのが一番の近道です。

webデザイナーの生活レベルってどのくらい?

webデザイナーの平均年収から考えると下記のような生活レベルが考えられます。
年収300万円の手取り、税金(所得税・住民税)、貯金額・家賃・割合ローンなど300万円の生活スタイルについて詳しく解説!

web系の平均年収一覧

web系の平均年収一覧をまとめてみました。

▲このページのトップへ戻る