スポンサーリンク

webデザイナーの平均年収

webデザイナーの平均年収に興味がある方のための基礎知識

平均年収

平均年収:358万円

平均月収

月給15万円~30万円後
看板デザイナー 月給30万円~60万円前後

ボーナス等

職場次第

職務内容

WEBデザイナーの主な仕事は、その名のとおり、サイトのデザインを生み出すことです。
デザインが苦手ならデザインをしなくてもいいコーダーになりましょう。
といっても最近では コーダーとデザイン両方できる人材を募集していることが多いです。
他にもPHPの知識があれば職に困ることはあまりありません。
WEBデザイナーは、WEBディレクターが企画したサイト設計書に基づいて、デザイン部分を担当します WEBデザイナーの力が試される重要な部分です。
この設計部分は他の職種にはまかせられません、デザイナーにしかできない責任ある仕事です。
HTMLや「Illustrator」、「Photoshop」「Flash」「Fireworks」、グラフィックデザインに特化するならデッサンなどの技術を磨くことが必要だ。

平均年収が高い仕事内容

独立したSOHOデザイナーは、営業から納品まで全て一人で責任を負うリスクがあります。
また、毎月の営業に追われて気力・体力が減りやすい現状があります。
相当なデザイン力と技術力が無い限り、会社員以上の年収は得られにくい欠点がありますが、 コネとそれ相応の実力さえあれば稼げる事も。
一歩間違うと正社員より悲惨な生活になりえます。
会社を構える勢いでないと高年齢になった際には収入を確保できませんので要注意です。
なのでフリーで動くよりも、制作会社を経営したりするほうが平均年収が高いそうです。

雇用状況

流れが激しいIT関係の仕事のために、雇用は常にあります。
自分の製作したサイトやデザインが沢山あり、スキルもあればあるほど、採用される確率が高いです。

利点

将来的にいろいろな方向へ自分のビジネスをもっていくことができます。
ディレクターになったり、プロデューサーになったり、マーケティングを担当してみたり。
デザイナーから色々な方向へも展開できるのがウエブ系のいいところですね。

webデザイナーの仕事に就くには?

資格は特にありませんが、ウエブデザイナー検定という資格もあります。
持っていてもたいしたかわりません。
初心者の方は、とにかく勉強あるのみ。
webデザイナーフォトショップ、ドリームウィーバー、フラッシュ、このあたりの知識をみにつけておくといいかもしれません。
夜間だけの資格スクール等もありますのでそういう場所で鍛えるのが一番の近道です。

▲このページのトップへ戻る