+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

焼き芋屋の平均年収

焼き芋屋の平均年収に興味がある方のための基礎知識

焼き芋屋の画像

焼き芋屋の年収

平均年収:240万円(冬の期間のみ)でした。(焼き芋屋さんのブログなどから統計調査)
※開業オーナーの場合は、統計から200万円~300万円以上と推測されます。
平均給料:30万円

冬になり寒くなってくると何故か無性に食べたくなるのが石焼きいもで、あの「石焼きいも~、お芋~」といった声が聞こえると部屋から飛び出して、やきいも屋さんを探したことがある方も多いと思います。
たまにデパートの食料品上り場の一角で石焼きいもを売っていることもあるようですが、やきいも屋は基本的には屋台で「ポ~」とか「ピヨ~」などの独特の笛の音を響かせて、トラックにボイラーを取り付けて街を巡っています。
あの笛の音は実はいもを焼く窯に取り付けられていて、窯から出てくるガスで鳴る仕組みで移動している時は笛の音が鳴り、お客さまが来てやきいもを売っている時は笛の音が聞こえてきません。
屋台のやきいも屋さんはどれくらい稼いでいるのか、やきいも屋さんの年収って一体いくらなのかとても気になりますよね。
やきいもの値段は地域によっても違うようですが都内で売られているやきいもの1本の値段は、やきいものサイズによって300円から500円程度が相場のようです。
東京にある大田市場での原料のサツマイモの仕入れ価格は、2018年3月の時点で1キロ当たり230円前後でした。(もっと安いところもあり、一本の原価は20円ぐらいだそう。)
大田市場で近年でサツマイモの最も高い卸価格は2016年の1キロ当たり243円なので、サツマイモ1キロ当たりから約4本のやきいもを売ることができます。
つまりやきいもの1本の値段を平均500円として計算すると、一日の収入で1万5000円~3万円あたりが相場となりそうです。
屋台のやきいも屋さんは夏でも見かけることがあるようですがやはり寒い冬のシーズンの風物詩なので、仮に少し肌寒くなる10月から4月までとすると1日に100本売る人もいるそうです。

焼き芋屋の業種別年収

焼き芋屋は様々な業種でも活躍します。そこでいくつかの焼き芋屋の企業の年収を調査してみました。

個人事業としてやっているやきいも屋の年収:300万円~400万円
親方としてやっているやきいも屋の年収:455万円~600万円
売り子としてやっているやきいも屋の年収:112万円~140万円
フランチャイズのやきいも屋の年収:260万円~300万円

最近では冬になるとスーパーマーケットの前でやきいも屋の姿を見かけることもありますが、昔はリヤカーにサツマイモを焼く専用の釜を積んだやきいも屋が多かったように思います。
最近ではリヤカーではなく軽トラックにボイラーを取り付けて、転々と場所を移動して販売しているやきいも屋さんも多いようです。
やきいも屋さんも自分で軽トラックを購入したりスーパーマーケットなどと交渉して個人事業としてやっているやきいも屋もいれば、売り子と呼ばれるアルバイトを雇っている親方のやきいも屋さんもいます。
またなかにはフランチャイズのやきいも屋さんもいるようですが、個人事業としてやっているやきいも屋の年収はだいたい300万円から400万円程度のようです。

執筆・監修者 
平均年収.jp 編集チーム

外資系出身者・職業紹介本原作者、専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版社などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

焼き芋屋の都道府県別(東京大阪名古屋福岡等)平均年収

年収は地域により変動します。焼き芋屋の平均年収を各都道府県の平均年収と照らし合わせた地域別の年収を算出しました。 上から北海道下は沖縄県までとなっています。ご覧ください。

都道府県 平均年収
北海道 274万円
青森 258万円
岩手 283万円
宮城 304万円
秋田 249万円
山形 280万円
福島 274万円
茨城 304万円
栃木 304万円
群馬 304万円
埼玉 274万円
千葉 304万円
東京 426万円
神奈川 334万円
新潟 274万円
富山 274万円
石川 304万円
福井 304万円
山梨 274万円
長野 304万円
岐阜 274万円
静岡 304万円
愛知 334万円
三重 304万円
滋賀 304万円
京都 304万円
大阪 365万円
兵庫 304万円
奈良 304万円
和歌山 274万円
鳥取 274万円
島根 274万円
岡山 304万円
広島 304万円
山口 304万円
徳島 304万円
香川 274万円
愛媛 274万円
高知 274万円
福岡 304万円
佐賀 243万円
長崎 274万円
熊本 274万円
大分 274万円
宮崎 243万円
鹿児島 274万円
沖縄 243万円

比較してみると、一番年収が高い東京都の焼き芋屋の年収が、およそ426万円。
一番低い沖縄県の年収が243万円 となり182万円の年収差ができています。

焼き芋屋の推定生涯年収(生涯賃金)を詳しく解説!

上記の平均から算出してみたところ推定13,072万円となりそうです。
日本の平均生涯賃金が17,845万円なので、平均生涯賃金からの増減は-4,773万円です。
※新卒から定年まで働いたものとして予測算出しております。

焼き芋屋で年収1000万円以上稼ぐには?

焼き芋屋で年収1000万円以上を稼ぐのであれば、とにかく他にないような美味しい豆腐を作ることです。
そしてスーパーなどには卸さずに味や品質にこだわる専門店や、高級百貨店で取扱っ貰うなどブランド化を図るといいかもしれません。
そうすれば通販サイトなどで少し高くても売れ、販売数が伸びれば焼き芋屋で年収1000万円以上を稼ぐのも不可能ではないかもしれません。

焼き芋屋の仕事内容

やきいも屋にも個人事業としてやっているやきいも屋や親方としてやっているやきいも屋や、その親方から雇われているアルバイトなど形態もさまざまなようです。
個人事業としてやっている場合のやきいも屋の年収は1日に平均50本の、やきいもが売れるとすると月収45万円前後とけっこう稼げるようです。
ただやきいも屋は少し肌寒くなる10月から桜が咲き始める4月くらいまでがシーズンで、雨が降る梅雨の時期や暑い夏の季節は売上が大きく落ちます。
そのため個人事業としてやっている場合のやきいも屋の年収は約300万円から、せいぜい400万円程度と考えられ年収1000万円以上を稼ぐには少し無理があるようです。
ただ売り子と呼ばれるアルバイトを何人か雇っている親方としてやっているやきいも屋の場合は、年収1000万円以上を稼ぐやきいも屋も存在しているようです。
やきいも屋は利益率の高い商売なので、やり方次第では年収1000万円以上を稼ぐことも不可能ではないようです。

焼き芋屋になるには

ネット情報で調べてみましたがやきいも屋のほとんどは、個人事業としてやっているやきいも屋のようです。
売り子と呼ばれるアルバイトを何人か雇っている親方としてやっているやきいも屋はいても、企業など法人化しているやきいも屋などはほとんど存在していないようです。
そのため初期投資で100~300万円ぐらいと考えれば誰でも自由に始まることができそうです。
ただ軽トラックにボイラーを取り付けて移動販売でやきいも屋をする場合には、事前に所轄の保健所や警察署に相談された方がいいかもしれません。

焼き芋屋のクチコミ年収

10代 アルバイト

年収113万円
求人サイトでやきいも屋の、アルバイトを募集していました。
面白そうと思いアルバイトを初めましたが、最近では固定客も付き面白いです。

20代 兼業

年収278万円
やきいも屋を始めたのは、原料のサツマイモを栽培していたからです。
いわゆる兼業農家ですが、原料のサツマイモを仕入れる必要がないので、利益率が高いので有利です。

30代 自営業

年収445万円
冬の寒い時期になると軽トラックにボイラーを取り付けて、やきいも屋の移動販売をしています。
夏の暑い時期はかき氷の移動販売をしていますが、寒いのも暑いのも大変です。

30代 自営業

年収700万円
サラリーマンの傍ら冬の期間だけ夜に副業として始めました。
冬の期間だけで月に30~50万稼げるので結構いい商売になっています。

料理系職業の年収一覧

料理系の平均年収一覧をまとめてみました。

▲このページのトップへ戻る