+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

インテリアデザイナー・プランナーの平均年収

インテリアデザイナー・プランナーの平均年収に興味がある方のための基礎知識

インテリアデザイナーの画像

インテリアデザイナーの年収

平均年収:385万円でした。(賃金構造基本統計調査調べ)
平均給料:24万円~32万円

インテリアデザイナーの平均年収の範囲はおよそ300~400万円
最大年収:約550万円

インテリアデザイナーの業種別年収

インテリアデザイナーは様々な業種でも活躍します。そこでいくつかの業種でどのくらい年収が違うのか調査してみました。

ハウスメーカー:380万円
インテリアメーカー:390万円
デザイン事務所(フリーインテリアデザイナー):350万円
建築事務所:360万円


インテリアデザイナーは照明器具や家具やカーテンなどのインテリア用品のデザインをするだけでなく、住宅や店舗などの建築物全体の造作から内装すべての企画と設計も行います。
時にはホテルや美術館や病院や学校なども、依頼があれば概観から内装までトータルで監修します。
インテリアデザイナーの平均年収ですがおよそ300~400万円と、普通のサラリーマンの年収とあまり変わりません。
小さなデザイン事務所など就職するとボーナスがなかったりするので、やはり就職する企業で年収も大きく変わるようです。

インテリアデザイナーの年齢別年収を解説

インテリアデザイナーの年齢別年収をみてみましょう。
各年齢を5歳刻みで算出しました。
最大年収を迎える50代の年収が462万円でした。
またインテリアデザイナーで働き盛りの30代の年収はおよそ343万円になります。
それでは全体の年齢別年収をみてみましょう。

年齢 平均年収 給与
20~24歳 219万円 14万円
25~29歳 273万円 17万円
30~34歳 300万円 19万円
35~39歳 343万円 21万円
40~44歳 385万円 24万円
45~49歳 431万円 27万円
50~54歳 462万円 29万円
55~59歳 458万円 29万円
60~65歳 312万円 19万円


チャット右画像

ヨシコ

平均年収と国税庁の年齢別階層年収、独自に集計している年収査定の結果を総合して算出した算出した結果になっております。

年収査定

インテリアデザイナーの年収層をピラミッドで分析

インテリアデザイナーはどの年収層にいるのかを年収ピラミッドで予測してみました。あなたの年代と是非比較してみてください。

インテリアデザイナーの20代の年収層
インテリアデザイナーの20代の年収ピラミッド
インテリアデザイナーの30代の年収層
インテリアデザイナーの30代の年収ピラミッド
インテリアデザイナーの40代の年収層
インテリアデザイナーの40代の年収ピラミッド
インテリアデザイナーの50代の年収層
インテリアデザイナーの50代の年収ピラミッド

インテリアデザイナーの男性と女性の年齢別年収の違い

では次にインテリアデザイナーは性別によってどのくらい年収が変わるのかを比較してみました。

年齢 男性 女性
20~24歳 309万円 189万円
25~29歳 318万円 223万円
30~34歳 264万円 200万円
35~39歳 273万円 239万円
40~44歳 303万円 264万円
45~49歳 352万円 309万円
50~54歳 398万円 352万円
55~59歳 394万円 348万円
60~65歳 243万円 212万円
チャット左画像

ミナミ

インテリアデザイナーの男女差がいちばんつくのは50代といわれています。

インテリアデザイナーの主任・係長・課長・部長の役職者の年収

では次にインテリアデザイナーの主任・係長・課長・部長の役職者の年収・給与を見てみましょう。

役職 平均年収 平均月額給与
主任 330万円 21万円
係長 411万円 26万円
課長 543万円 34万円
部長 601万円 38万円

※厚生労働省の賃金統計基本調査と平均年収jpで行っている年収査定のデータ比率から独自で算出した結果になっております。

インテリアデザイナーの大企業・中企業・小企業それぞれの年収・給与・ボーナス推移

大企業・中企業・小企業で働くインテリアデザイナーの年収の差を厚生労働省の企業規模比率と掛け合わせ算出してみました。

企業規模 平均年収 給与
大企業のインテリアデザイナー 447万円 28万円
中企業のインテリアデザイナー 370万円 23万円
小企業のインテリアデザイナー 335万円 21万円

厚生労働省の企業規模比率から独自で予測算出をした結果が上記となります。

インテリアデザイナーの都道府県別(東京大阪名古屋福岡等)平均年収

県によって物価も違うのですべての都道府県で同じ給与や年収だとは言えません。都道府県別に年収をみてみるとどのくらいになるのでしょうか。 国が出した都道府県の平均給与比率と年収査定結果・各都道府県のインテリアデザイナーの平均年収を掛け合わせて独自に算出しました

チャット右画像

マリン

厚労省の比率と年収査定で取得したビッグデータ、さらには国がだしている平均値を掛け合わせた独自結果になっています。
都道府県 平均年収
北海道 347万円
青森 308万円
岩手 347万円
宮城 385万円
秋田 308万円
山形 347万円
福島 347万円
茨城 385万円
栃木 385万円
群馬 385万円
埼玉 347万円
千葉 385万円
東京 539万円
神奈川 424万円
新潟 347万円
富山 347万円
石川 385万円
福井 385万円
山梨 347万円
長野 385万円
岐阜 347万円
静岡 385万円
愛知 424万円
三重 385万円
滋賀 385万円
京都 385万円
大阪 462万円
兵庫 385万円
奈良 385万円
和歌山 347万円
鳥取 347万円
島根 347万円
岡山 385万円
広島 385万円
山口 385万円
徳島 385万円
香川 347万円
愛媛 347万円
高知 347万円
福岡 385万円
佐賀 308万円
長崎 347万円
熊本 347万円
大分 347万円
宮崎 308万円
鹿児島 347万円
沖縄 308万円
チャット左画像

アイミ

インテリアデザイナーに関しては国内でも東京と沖縄だと差がつくようです。

インテリアデザイナーで年収1000万円以上稼ぐには?

インテリアデザイナーというと華やかな響きがある職業ですが、勤務先にもよりますが実際には納期があるので、残業も多く休日も出勤することもあるので、年収の割には大変な仕事かもしれません。
そのためハウスメーカーやインテリアメーカーなど働き、フリーランスのインテリアデザイナーとして独立開業する人も少なくありません。
フリーランスのインテリアデザイナーになれば、年収1000万円以上を稼ぐこともけっして夢ではありません。
ただフリーランスのインテリアデザイナーになれば、誰でも年収1000万円以上を稼げるとは限りません。
ホテルや病院など大きな案件の依頼があればそれだけで何百万円という報酬がありますが、
そのためにはコンペディションなどで勝ち抜くだけの実力があることが前提です。

仕事内容

インテリア製品をデザインしたり、住居やオフィス、店舗、ホテルなどさまざまな住空間の設計を行うのがインテリアデザイナーです。
床材や壁材などの原価計算を行ったり、スケジュールを管理したりするのもインテリアデザイナーの大事な仕事です。
客の要望に合わせて見積りをすることが大事なポイントであり、金銭管理能力が問われる職種だと言えるでしょう。

平均年収が高い仕事内容

フリーとして独立すれば平均年収も800万超えることがあります。

雇用状況

インテリアデザイナー専用求人情報もあり、不動産業や建築業の元で働くことができます。

利点

プレゼンテーション能力が重要になってきます。
コミュニケーション能力もあがるのでは? 建築士やインテリアプランナー、カラーコーディネーターの資格を併用することで、仕事の幅が広がりますので、こうした周辺資格の取得をおすすめします。

インテリアデザイナーになるには

インテリアデザイナーとは、そのままインテリアすなわち内装についてのデザインを行う方を指します。
このインテリアデザイナーですが、通常であればインテリア会社などに就職してその職に就くのが一般的なのですが、インテリアコーディネーターの資格を持っていれば、就職や仕事において有利であるといわれています。
インテリアコーディネーターは筆記試験であり、一次試験と二次試験とに分かれています。
一次を合格すれば、二次試験を受ける受験資格が発生しますが、二次で惜しくも落選してしまったとしても、一次さえ通過していれば免除と一次試験は免除となるそうです。
また、一次試験に出題される2科目のうち1科目のみ合格の場合も、その合格した科目は免除されるのだといいます。
ただし、この免除が有効な期間は3年間と定められているため注意が必要です。
合格率は一次試験が20パーセント、二次試験が60パーセントとなっています。
インテリアコーディネーターになるためには、まずは一次試験を通過できるように、根気よく学習する必要がありそうです。

インテリアデザイナーになるための学校

インテリアデザイナーになるためには、一般企業に勤めて、修行するという形でも遅くはないのですが、学生のうちから下地を作っておきたいと考える方には専門学校をお勧めします。
・東京デザイナー学院
・環境造形学園
・東京モード学園
・東京デザイン専門学校
・青山製図専門学校
など

これらの学校の中にはインテリアデザインに関する学科があり、またその中でも細分化された専攻がおかれているようです。
また、今回は東京を中心に集めてみましたが、その他地域にも専門学校が見受けられました。
自分の住む場所に合わせて探してみるのもいいかもしれません。

求人募集について

求人募集に関しては、インテリアに特化した求人サイトを活用するのがいいでしょう。
中でも求人@インテリアや、id,jobなどのサイトはサイトの体裁もよく、洗練された情報が多く記載されている印象を受けました。
また、これらの専門的な求人サイト以外にも、マイナビ転職などといったきわめて優秀なサイトもあるため、全体的に見渡してみるのもいいかもしれません。

インテリアデザイナーの仕事の面白み

えてしてデザイナーというものは、アクティブに行動できる人でなければ、仕事とするのは難しいといいます。
というのも、自分の世界のみで完結するようなものではなく、それを実際に作ったり販売したりと、自分以外の大勢の方がそのプロジェクトに参入するからです。
そんな時、デザイナーの方が活発に動いてくれなかったら、プロジェクト全体が滞り大損害につながりかねません。
インテリアデザイナーの場合も同じです。
ですから、まずアクティブに行動できるような性格であるかどうかを自問自答してみましょう。
また、インテリアに関する知識は仕事をしていくにしたがって覚えていくことだろうと思いますが、そもそもインテリアに興味がない方であれば仕事には不向きです。
デザイナーの仕事はいやいややって勤まるのもではなく、いやなものに対しては知識の吸収も疎外されます。
逆に向いている人はどんな人かと尋ねられれば、流行に敏感に反応することができる人です。
流行に単にのるだけではなく、その流れを見極められるような人になっていただきたいのがインテリアデザイナーです。

執筆・監修者 平均年収.jp 編集チーム
平均年収.jp編集部

外資系出身者・職業紹介本原作者、FP資格保有者・専門ライター、キャリアコンサルタント・大手出版編集者などのメンバーが参画
執筆者・監修者一覧

インテリア、建築系の年収一覧

インテリア、建築系の年収一覧をまとめてみました。

▲このページのトップへ戻る