マンション管理士 の平均年収

マンション管理士 の平均年収に興味がある方のための基礎知識

平均年収

平均年収:20代のマンション管理士などは年収400万程度 平均すると360~800万程度

平均月収

30万

ボーナス等

12万 毎月5千~1万円を支給する「資格手当」が出る企業もあります

職務内容

マンション管理士の資格者は、 マンションの管理組合側に対してアドバイスや援助をすることが主な業務なので、 「マンション管理組合側アドバイザー」と表現されることもあります。
マンション管理士は、専門知識をもってマンション管理組合の運営、大規模修繕等を含む建物構造上の技術的問題、 その他マンションの維持・管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者などの相談に応じ、 適切な助言や指導、援助等のコンサルティング業務を行う。
マンション管理のスペシャリストとして、主に管理組合の 立場でマンション管理に関する様々な問題の解決などを行う。
資格を持つものができる仕事です。

平均年収が高い仕事内容

マンション管理士の資格を取得後、マンション管理士として登録したとしても、すぐにマンション管理士として独立できるわけではありません。
現在では、マンション管理士の資格だけでの独立開業は難しいとされています。
マンション管理士は、マンション管理組合のためのコンサルタントとして、独立することができますが、独立開業している人の多くは、宅建(宅地建物取引主任者)・建築士・行政書士・管理業務主任者などの資格を取得しています。
マンション管理士の資格とこれらの資格を併せて取得することで、マンション管理士として独立開業できる道は大きく拓けます。

スポンサーリンク

雇用状況

現在のマンション管理士は、マンション管理士の資格を持っていなくても業務が行えます。
なので、現在はマンション管理士の資格自体に需要があるというわけではないのが事実です。

利点

マンション管理士の資格は合格率が7%と難易度も高く、さらに資格も新しい。
つまりまだまだ資格所有者が少ないので資格所持者が有利な状態にあります。
国家資格なので途中で資格自体が無くなる心配もありません。
資格を持つと宅建などの不動産関連の資格の問題を免除してもらえるんです。

マンション管理士 の仕事に就くには?

国家資格を取得しなければならない。

スポンサーリンク

▲このページのトップへ戻る