+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

ネットショップ運営で年収をあげる

ネットショップ運営で年収をあげるためのHOW TO です。

ネットショップの画像

ネットショップ運営って?

ネットショップ運営とはネット上でお店を開き、収入を得ることです。
商品を仕入れ、それをネット上で売る。今の時代だとネットの知識がなくても簡単に開けるということで、副収入稼ぎにやってる人も増えてきました。
売り上げから経費と仕入れを引いたものが自分の収入になります。

普通にお店を開くのと同じですが、実際に店舗を構える必要もなく、人件費や家賃などの経費がかからないことや、仕入れも在庫を持たない形(ドロップシッピング)での運営も可能になります。

ネットショップ運営運営のメリット

1、お店を構えないので経費と人件費がかからない。かかるのは仕入れるときの商品代ぐらいになります。
2、無料で ネットショップ運営ができる簡単なシステムがあるため、接客などもいらない。
3、時間を拘束されないので、自由な時間帯にできる。
4、他の仕事をしながらでも、商品が買われれば、自分の収入になります。
5、一度安定した収入が得られるようなサイトにしてしまえば、長期にわたって安定した収入を得ることが可能になります。

スポンサーリンク

ネットショップ運営運営のデメリット

1、沢山の ネットショップ運営があるので、集客の方法を考える必要がある。(SNSや口コミを使う手段など)
2、アクセスとコンテンツの充実さも大切です。

ネットショップ運営の平均年収

年収は、すごいところだと、1000万越えもあるそうです。
社会の動きを把握しておけばそれなりのショップを考えることもできます。
最近では、タバコが高くなってきたので輸入タバコで格安で売ることや、女性だと化粧品やランジェリー、ファッション系も人気があるようです。
そして何よりも大事なのはばらばらの商品を売るよりも、何かに特化した商品を売るサイトにするといいそうです。
自分の好きな趣味や特技などをいかして最初は運営するのも方法のひとつといわれています。
ある携帯のショップでは一日のアクセスが億というすごい ネットショップ運営もあるそうです。
ネットショップ運営の平均年収は、商品によってさまざまですが10~20万ぐらいが平均月収で、年収だと120万ぐらいだそうです。
副収入で10~20万でも稼げればそれなりに平均年収をUPさせる要因になるのではないでしょうか。

ネットショップ運営の平均就業時間

ネットショップ運営は時間があいてるときにやるものなので、大体主婦で、3~4時間
フリーランスの方で5時間。
サラリーマンになると2時間~3時間になります。
自由な時間を使って趣味で仕事ができるので楽ではあります。
ネットショップ運営の運営はネットに対する勉強にもなるので、一石二鳥ではないでしょうか。
色々なノウハウもあるのでそういうものを見ながら参考にするとよさそうです。

スポンサーリンク

お勧めコンテンツ

▲このページのトップへ戻る