+ この記事にはPRが含まれています 複数の企業と協力し、情報を提供しています。当サイトを通じて商品への申し込みがある場合、各企業から報酬を受け取ることがありますが、当サイト内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や報酬の有無は影響を与えません。 また、当サイトで得た収益は、サイトの訪問者に価値のあるコンテンツを提供するために使われ、情報の品質向上やランキングの精度向上などに還元されています。

バイナリーオプション攻略で稼げるの?

バイナリーオプションで稼げるの?

バイナリーオプションの画像

バイナリーオプションとは?

「バイナリー」とは、プログラムに関係するコンピューター用語の方を意味する、2進法から来ています。
為替相場は、実際にはブローカーが取引銀行から外貨を買い、銀行が外国の金融機関から、円と外貨を両替することで相場が生まれます。
実際のところ、為替相場は現実には存在しませんが、通貨はその国によって発行数が決まっているため、保有数が少なくなれば値上がりし、その逆に増えれば下がります。
FXは、通貨単位が決められた中で、その単位ごとに取引をしますが、相場が下がっても、上がっても差益が出るのが特徴です。
これを、「下がる方にだけ注文を出す」あるいは、「上がる方にだけ注文を出す」のが、バイナリーオプションになります。
もちろん、通貨単位ではなく、”チケット”を業者から購入し、最終判定されるタイミングの時に、相場がそのチケットの相場の流れと合致していれば、その時の差益が支払われる仕組みです。
利点は、僅かに上昇、あるいは下降した相場であっても、予想したチケットならば、確実に収益が上がるという点です。
予測が外れたとしても、チケット購入費用以上は、資金を失う事が無いため、少ない投資額でFXを楽しむことが出来ます。
基本的に海外のバイナリーオプション会社では詐欺まがい的なこともあるためおすすめはしておりません。

バイナリーオプションのブログから稼いでいる平均額を算出!

バイナリーオプションのブログを見て、最も儲けた人によれば、数十万を投入し、ひと月に5~60万円は稼いだという人がいました。
比較的、2者択一の選択肢しかないバイナリーオプションですから、ユーザー数の4割以上はプラスに転じているかもしれません。
安定傾向が強くなると旨味はないので、今はどうかはよくわからないですが、2013年初頭では、FX自体のユーザー数は数十万規模ですから、その4割近くは資金を2倍以上には出来たはずですね。
4割のプラスが得られれば収益があるのですが、上り調子になり始めたタイミングで、スキャルピングが穏やかになる傾向があり、そこからの収益はそれほどないため、現在は沈静化している感じですね。
※実際に稼いでも下ろせないということもあるため海外のはあまりお勧めできません

バイナリーオプションのブログを調べてみたところ、下記のような口コミとなりそうです。

平均:※月平均7万円~16万円の儲け(運用資金によりけり)
最高:22万円(初回投資約7万円前後)
最低:4万円
※おろせない可能性あり(海外につき)

スポンサーリンク

バイナリーオプションの攻略ってどういう感じなの?

バイナリーオプションのブログを調べてみたところ、
攻略するには、相場の流れ、チャート分析が不可欠です。
初心者でもトライできる取引のため、まずは数万円からのチャレンジが最も無難で危険がなく、週末や翌週月曜日など
「相場が終了する、あるいは始まるといった外貨の動く時間帯を頻繁に注視する」
のが王道のようです。
従って、週単位での見極めを考え、取引方法が数種類ある会社のサービスを利用するのが、一番のようですね。
例えば、相場がその瞬間、大きく下がったとした場合、トレーダーはその場を見ずに、チャート分析で信頼できるミラーチャートを参考にします。
多くの人が似た様な考えで、売買を始めるため、現在の相場から、なるべく遠い予想を参考にチケットを購入します。
日本では深夜時間が、外国では相場が動いているため、その時間帯が売買が盛んですが、その隙を突くように、離れた時間帯を狙うなどが有効のようです。
また、判定までタイムラグがあることを利用し、相場が動かない状況になりそうな早めの段階で、レートを全て揃えてチケットを購入する事も有効だそうです。
チケットも、離れた相場予想なら価格も安く購入でき、逆に相場を読めれば、現在の価格が予想を超えていても、高いチケットで超短期に判定直前まで購入して、勝ち逃げする事もできます。

バイナリーオプションの会社(日本バイナリー、海外バイナリーまとめ)

日本のバイナリーオプションに関しては、規制の影響もあり、判定までの期間が2時間以上と長くなり、1営業中に取引できる最大数も規制されますが、多くのトレーダーは、あまり気にしていないそうです。
上記にもあるように、超短期で取引きするようなものではなく、長い目で相場を見て、確実に儲かる流れをつかむことにあります。
それも、単純に上下だけ見れば良いのですから、バイナリーオプションで、収益を上げる殆どの人は、チャート分析を、多く活かしています。
ツールが、単純すぎるという点からも、そもそも大まかな相場の流れを、長期的に把握していないと、大きな収益は得られないというのが、多くのトレーダーに意見ですね。
FXの通常の収益は、逆に超短期間の約定にありますから、考え方は逆ということも出来るかもしれません。
始めるには、バイナリー会社に申し込むことが必要ですが、日本と海外の有名バイナリー企業をピックアップしてみました

【日本】
・トレイダーズ証券「みんなのバイナリー」
概要:上場企業が手がける、6つのレートから3種類の取引を選べるのが特徴。
ロットは最低50円からで、サービス営業時間が長いのが評価されています。
「みんなのFX」で、業界では最大手のFX会社でしたが、口座閉鎖に伴い、ポジションを強制決済した影響で、人気は落ち込みましたが、トレール注文で評価の高い会社のため、逆にバイナリーオプションでは注目されていますね。

・gmo バイナリーオプション
概要:証券会社の方は、システムトラブルであまり良い評価になってませんが、業界では珍しい、外貨オプションでのデモ取引口座を開設出来る点が、評価されています。
チャートもそこそこ性能もよく、ツールはモバイルでも充実した機能ということで、多くの利用者に好評となってました。
特にラダー、レンジと相場の方向を摘むには、バイナリーオプションに使えるツールが揃っていることが評価されています。

【海外】※基本的に海外のはあまりおすすめはできません。
・BOボックス
概要:ペイアウト率最大1.78倍で、注目されたBOBOXです。
しかし、ビギナーには不安も多い会社との評価で、ちょっとFXに慣れた人が扱うサービスといった方が良いかもしれません。
最小単位は1,000円、最大5万円ですから、規制前と同じ取引が可能です。
口座開設も簡単ですが、ツールに関してはシンプル過ぎるとの声もあります。

・ハイローオーストラリア
概要:ネット検索すると、英文で上がってくるため、ローカライズされていないのでは?と不安がる人も多いみたいですね。
ペイアウト、つまりスプレッドに当たる率は、比較的高めに設定されていますが、海外通貨では、昔から人気のある豪ドル取引のため、注目されている会社です。
デモ口座も用意され、ツールはかなり初心者向けと考えて良さそうです。
ボーナス出金の際に、制限を設けていないにが、1つのアピールポイントになってますね。
海外の会社の中では、最もツールは使いやすいと評価されています。

・オプションビット
概要:ALGOBITと呼ばれる解析ツールが、バイナリーオプションでは便利なツールとして知られる、オプションビットの評価は、インデックス取引や先物のコモディティ取引を得意とする専業業者のサービスなので、信頼ではかなり高い評価になっています。
解析ツールのアルゴリズムが、独特なので、ちょっとツールには慣れる必要がありますが、国内のバイナリーオプションでは満足しない、ヘビーユーザーでは興味を持たれることが多い会社です。
初心者には、少々敷居が高く感じるかもしれませんし、出来れば英語力はある程度あったほうが良いですね。
顧客対応としてライブチャットも用意してあります。

海外のものはおすすめできないという意見も口コミでありました。業者を選ぶ際は、ある程度慎重に判断した方がいいかもしれません。

バイナリーオプションで広告収入を稼いだ人の声

30代 男性

月10万円程度
FXよりも勝ち負けを選ぶだけなので簡単ですが、海外のはあまりおすすめできません。日本のものがいいかもしれないです。

30代 男性 

月5万円程度
時間のある時にやるって感じなのであまり期待はしてません。本当にお小遣い稼ぎ。 たまに海外のは下ろせないことがあるためやりません。国内のみに絞ってます。

スポンサーリンク

お勧めコンテンツ

▲このページのトップへ戻る