ユーチューブアフィリエイトの広告収入で稼ぐ!

ユーチューブの広告収入稼ぐためのHOWTOです。

ユーチューブの広告収入について詳しく解説!

ユーチューブの広告収入とは何か?まずそこから説明いたします。
ユーチューブでは、動画を見る前に、CMがでたり、動画の下に広告が出たりいたします。
実はこれらの広告を見たり、興味を持つと投稿者に広告料が入るようになっています。
それを利用して年収をUPする方法を解説します。

広告収入ではどのくらいの収益が見込めるの?

ユーチューブアフィリエイトでは、年収3000万など、巨額の収益を稼いでいる人もいるようです。
最近では、専業で稼ぐ人を「ユーチューバー(youtuber)」と呼ぶこともあるようです。
収益を上げるには、単純に動画再生数を多くすることが一番の近道です。
動画再生数を上げればおのずと収益も上がってくるようですね。

どうしたらyoutubeでたくさん稼げるの?

youtubeで稼いでいる人を一例に挙げてみますと、最近では、
hikakin(ヒカキン)さんが有名ですが、この方は年収3000万とか2000万などとも言われています。
この方がUPしている動画を見てみると、
「●●をやってみた。」等の商品の説明やゲームの実況などが多いようです。
動画の更新はほぼ毎日のようで、再生数も1万回以上必ずいっているようですね。
プロブロガーのイケダハヤトさんが1再生数でどのくらいの収益が発生するのかを計算したところだいたい1再生あたり0.2円程度だそうです。
そのため、youtuberとして専属で生計を立てるのであれば、どのくらいの再生回数が必要か算出してみました。
30万円(月の生活費)÷0.2円(一回再生数単価)=150万回再生
月に、150万回の再生数が必要になります。
あくまでも平均のため何とも言えませんが、150万回の再生数を必要とすると、
・毎月、話題になる動画を投稿する
・定期スパンで再生回数があがりそうな動画を投稿する
上記の二点となりそうです。
専業とはいわずも月10万円ぐらい稼ぎたいのであれば
10万円÷0.2=50万
50万回の再生となります。
これなら結構早く収益化を目指せそうですね。

ユーチューブ動画ってどんなのがいいの?

ユーチューブに投稿できる動画は、オリジナルのものとなります。
著作権があるものや既存の音楽をUPして収益を稼ごうとすると、違反になり、悪質であればペナルティにより一生ユーチューブで稼ぐことができなくなります。
オリジナルで質が高いものを作ると、労力やコストが相当かかるため気軽なものを投稿する人が多いようです。
日本で人気があるのは
・動物系
・ゲーム実況
・笑いのネタ
・料理の作り方
が人気が出ているようです。
オリジナルで面白いものが出来て話題になれば、一日で再生数が40万回を超えるという動画もあるようです。
海外になると、トップは年収6億超えなどすごい人もいるようです。
どんな動画がヒットするかは全然予想もできない世界なので、あなたの動画がいきなりヒットするかもしれません。
単純に傘を持ち上げたという動作だけで再生回数が20万回を超える動画もあるようです。
まさに一攫千金を狙えるシステムでもあります。

スポンサーリンク

ユーチューブで広告収入を稼いだ人の声

30代 男性 広告代理店

月500円程度
まだ始めたばかりですが、ちょっとでも収益が上がると嬉しいですね。定期的に動画を投稿してみようと思います。

30代 男性 

動物の動画を20本ぐらい投稿しています。
再生数が最初なのでまだ伸びておらずだいたい月に2000円ぐらいです。
動画の投稿を増やせばどんどん伸びていくものだと最近知った気がします。

スポンサーリンク

お勧めコンテンツ

▲このページのトップへ戻る