不労所得で年収をUPする!

不労所得で年収をあげるためのHOWTOです。

不労所得の種類は約10種類!不労所得について詳しく解説!

不労所得とは、労働する必要が無い所得で、働かなくても貰うことができる収入のことを言います。
不労所得の種類は多数ありますがおおまかに参考にしていただくと下記のようなものになります。
・アフィリエイト
・生活保護受給
・児童手当
・宝くじ
・印税
・銀行預金の利息、利子
・株式配当(FX)
・不動産の賃料収入
・不動産の売却益
・保険給付金
・国民・厚生・共済年金等
上記の中でも有名なのはインターネットを使ったアフィリエイトや土地ころがし、株式やFXとなります。
不労所得を得る方法でも簡単に始めれる部類と資金が必要な部類とに種類が別れるため、それぞれ個人のニーズに合わせた不労所得を得る方法に分別されます。
昔は、土地持ちのみが不労所得で稼げるというジンクスがありましたが、最近では、ネットの発達や経済情勢の不安定から、サラリーマン、学生、主婦層などに人気が出てきているようです。

不労所得の作り方1

不労所得の作り方は、上記でも説明したように誰でも出来るような部類とある程度資金がいる部類とに分別されています。
簡単な部類では、サラリーマンや主婦が行っているようです。簡単な部類は下記のようなものになります。
■アフィリエイトでの不労所得
アフィリエイトというのはHPやメールマガジンなどが企業や商品を紹介し、そこから会員登録したり商品を購入したりすると、主催者に不労所得が支払われる仕組みです。
そのため、ブログやHPを持っていれば簡単に始めることが出来るというものでもあり手軽さはナンバー1です。
主婦層の人たちに特に人気で、家事の合間にブログを更新したりなど空いた時間に始めることができるというものです。
稼げる人では月に100万~200万円という不労所得を得ている人もいるようです。
■株式(FX)
株式配当やFXの不労所得の作り方はアフィリエイトより気軽さでは劣ります。
儲けはその株にどれだけ投資を出来るかによりますが小さい金額から始める人もおおいようです。
特にサラリーマンに多く、お給料以外で稼げる手軽な方法として株式を買う人が多いようです。
自社株を買わされるということも企業によってはあるようです。
円高や円安、資金によって不労所得の差が出てきますが小さい資金からも始めれます。
資金が小さいと配当も少ないですが、特にFXについては一気に大勝が出来るため不労所得を一気に手に入れる人も多いようです。
配当は、資金によっても違いますがファンドマネージャークラスになると、億単位で不労所得を得ている人もいるようです。

不労所得の作り方2

逆に資金が必要とされる不労所得の作り方では、不動産関連があげられます。
持ち家を持ってそれを賃貸で収益を得たり、土地売買などです。
上記は土地を持つことが最低条件となるため初期の投資は、大きな金額になります。
元から土地を持っている人には人気の不労所得を得る方法となっています。
東京都内で土地+家で約3000万~8000万円ぐらいとして、初期の頭金を約500万~2000万円を払った後はローンで返していくという方法をとっているようです。
ローンは月々4万円~15万円ぐらいの間が相場のようです。
最近では、マンションを購入してそれを別の人に貸すサラリーマンも多いようです。
理由としては家賃で10万円前後を払うのであれば、先に購入し、自分が住んでもいいし、賃貸、土地が高くなったら売買をする。
そういう人も多いようです。

一月でどのくらいの不労所得が見込めるの?

一月でどのくらいの不労所得が見込めるのかを口コミから割り出してみました。
・アフィリエイト:1000円~300万円
・FX:マイナスになる場合もありますが、億単位まで稼ぐことができる。
・不動産賃貸
賃貸物件の場合は、
5部屋、家賃8万円→月に40万円の収入
10部屋、8万円→月に80万円の収入
と部屋数と家賃によって収入が変わります。
信託→資金によっても違いますが年で50万円ぐらいの収入が見込めそうです。
この中、気軽に出来て当たれば数百万円稼げるのがアフィリエイトですが、それなりの知名度が必要になります。
資金面が余裕があるのであれば不動産賃貸などがいいかもしれません。

スポンサーリンク

不労所得で年収がUPした方の声

20代 サラリーマン 不動産賃貸

頭金500万円とローン月々9万円で賃貸物件を購入。
月々は約30万円の不労所得が入ってきます。

30代 女性 アフィリエイト

アフィリエイト、化粧品関係のブログを書いています。
月々1万円~2万円ぐらいの不労所得。
アクセスが増えればどんどん増えるというのが特徴かもしれません。

30代 女性 FX

一晩で200万円溶かしたこともあります。
かなりハイリスクハイリターンなので最初は小さな金額からやるべきだとおもいます。
年計算で1000万円ぐらいの不労所得を手に入れています。

スポンサーリンク

お勧めコンテンツ

▲このページのトップへ戻る